元金均等返済の仕組み

元金均等返済など

元金均等返済の仕組みは借り入れした元金を毎月の返済で一定額の料金ずつ減らし、その借入金額の残高から金利を算出して、返済する元金に貸さんするというしくみです。
元金を均等に割り出して利息を計算し、加算していく方法です。

そして住宅ローンなどの返済方法の一つでもあり、元金均等方式、そして元金均等返済方式ともよばれています。

元金均等返済は最初の返済額は大きいのですが、元金の残債に応じて利息がかかってきますので、支払いを続ければ続けるほど元金にかかる利息分も少なくなっていきます。
元利均等返済は毎月の返済が一定額になっており、そこに変動のない金利が加算されます。

始めの返済額は元金均等返済に比べると明らかに返済額が少ないのですが、返済開始から完済までの期間利息が一定になっているため長期間で返済を行うのであれば元金均等返済を利用した方が総額的な利息の返済が少なく済みます。

最初の支払いは多いものの、住宅ローンがおもになりますので、新築で家を購入した場合数年間の固定資産税が少なくて済む分最初に多めに返済を行っていた方が後々の経済的環境では余裕を持つ事が出来るでしょう。

その為住宅ローンなどで元金均等返済が活用されているのです。

 

住宅ローン借り換えで気になるサイト

住宅ローン借り換え諸費用いくら?安い銀行比較!【諸費用込は損?】
住宅ローン借り換え諸費用が安い銀行なら金利差が少なくても充分にメリットがあります。逆に金利差が多くても諸費用が高ければ借り換えても損してしまうことにもなりかねません。住宅ローン借り換えできちんとメリットがあるのは諸費用が安い銀行なのです。
xn--r8j3gvlya8b0934aygb433c5erqr3byg4c.skr.jp/

Copyright 2011 住宅ローン借り換えシュミレーションWEB, Inc.