改正貸金業法の解説

貸金業法の改正

貸金業法の改正で依然では当たり前だった金利が、この法により法外な金利として違法となりました。

この制度を利用することで、過去10年間さかのぼって過払い金請求をする事が出来ます。

以前では違法ではなく、現在では違法となる高い金利での借り入れの場合、債務者がとっくに完済をしている事もあり、過払い金請求をする事で、払いすぎた利息分が戻ってくる場合もあります。

もし、過去10年間の間に借り入れを行い、長期にわたって返済をしていた場合にもしかすると、貸金業法によって過払い金が発生し、過払い金が戻ってくる可能性もありますので、弁護士での相談をおススメします。

そして現在も返済に追われている人の中でも貸金業法の改正をいまだ把握していない人もいるため、過払い金請求希望者はまだまだ存在すると言われています。
この貸金業法の改正は悪徳な闇金融業者が違法な金利で営業を出来ないように阻止する計らいで、平成22年6月18日に完全施行されました。
しかし、それでも闇金業者からの借り入れが後を絶たずトラブル報告が多いのも現状です。

このため、安易で多額の借り入れが出来る業者には注意が必要です。

審査が簡単である業者も実は悪徳な闇金融業者であったという事もめずらしくありませんので、借り入れを行う際には金融機関を良く見定めて借り入れを行う必要があります。

関連リンク紹介

住宅ローン借り換えシュミレーション比較!【諸費用最安銀行は?】
住宅ローン借り換え銀行を金利比較シュミレーションで一番お得に探してみよう。
www.housingsimulation.com/

Copyright 2011 住宅ローン借り換えシュミレーションWEB, Inc.