ブラックリスト情報

債務整理とブラックリスト

債務整理とブラックリストは深い因果関係があるのか?という疑問を抱いている人もいると思います。

債務整理とブラックリストですが、実はブラックリストという名目の金融機関で共有しているリストは存在しません。
そのかわり、クレジットカードを作ったり、金融機関で借り入れをしたりすると、信用情報機関と呼ばれるところに顧客情報が登録されます。
そして、一定の期間返済が滞ってしまったり、支払い履歴がなかったりする場合事故情報として登録され、それが俗にいうブラックリストと一般的に呼ばれるようになるのです。
そして債務整理を行った場合信用情報機関に債務整理を行ったと言う情報が登録されますので、債務整理を行う際には十分に検討する必要があります。

そしてその登録されている期間も長い為、債務整理を行った人だけではなく、3カ月以上の滞納をしてしまった場合でも事故処理として登録されます。


3カ月の滞納だけでも約5年間個人信用情報機関に登録されますのでくれぐれも3カ月以上の滞納をしないように気を付けるべきであると言えます。
登録される基準としては3カ月以上の滞納である事や、債務整理を行っている事や自己破産をしたなどがあげられます。

それから複数の金融業者からの借り入れを行っている場合も返済能力が皆無であると見定められることもありますので、登録対象になる売があります。

Copyright 2011 住宅ローン借り換えシュミレーションWEB, Inc.